【横浜市】マンション管理の見直しサイト

いざというときも安心!横浜市のおすすめマンション管理会社

横浜市のマンション管理・災害対策と防災業務チェック

戸建ての住宅とマンションでは、必要とされる防災の基準も異なり、マンションに適した備えが必要とされます。

マンション管理組合や管理会社による、災害に備えた対策をみていきましょう。

 

 

横浜市のマンション管理組合はこんな災害対策をとっていた

住民による避難訓練

日常の平和な暮らしの中では、どこに危険が迫っているかわかりません。そこで火事や地震などに備えた避難訓練をすることで、現実に災害が起きたときを想定できます。「避難経路に問題はないか」「正しい対応がとれているか」実際に訓練をすることで、改善すべきポイントもわかってきます。

これらの避難訓練は、マンション管理組合や管理会社が開催しています。

ただ、すべての居住者が参加できているわけではありません。子育てや仕事の事情で難しい場合もありますが、自分の命を守る行動につながるため、できるだけ参加するようにしてください。

飲料水や食料品などの防災備蓄品を準備している

災害が起きたことを想定して、ほとんどのマンションには防災備蓄品が置かれています。飲料水、食料、ヘルメット、発電機など、想定される被害に応じた備蓄品が用意されているでしょう。

また、エレベーターが停止した場合、負傷者は簡単に階段を下りることができません。そのため歩けない状態の負傷者を運べる担架や、階段避難車などを準備しているマンションも多く、万が一の事態に備えた備蓄品が管理されています。

居住者の人数にもよりますが、フロアごとに発電機やガスボンベなどの備蓄品を保管しているケースもあります。ほかにもマンホールトイレや工具など、災害対策として考えられるものが用意されているでしょう。

マンション管理会社はこんな防災業務を実施している

防災設備の安全を点検

管理会社は、消化器や非常用発電装置、給水設備や排水設備などに問題がないか定期的なチェックをしています。いつでも使うことのできる状態にしておかなければならないため、故障や不具合が起きていないか確認をしているのです。

「火事が起こったときに作動する自動火災通知設備」「熱を感知するスプリンクラー」「停電時の非常用照明」など、それぞれの防災設備に問題があればすぐに対応します。

管理組合と一緒に防災マニュアルを作る

管理組合が独自に作成する場合もありますが、多くのマンションでは管理組合と管理会社が連携して防災マニュアルを作成しています。実際に住んでいる組合員の意見や家族状況などを取り入れて、すべての居住者に行き渡るような仕組みを支援しているのです。

想定される被害を最小限に留め、居住者の安全を守るために防災マニュアルは欠かせません。すべてがマニュアルどおりに進むとは限りませんが、いざとなって混乱をきたさないためにも、積極的なガイドライン作りが必要なのです。

避難時の誘導や支援のために各世帯の家族情報を集める

個人情報が叫ばれている時代であっても、家族構成などがわからなければ協力し合うこともできません。マンションは特に人間関係のつながりも薄くなりがちなので、家族の情報をまとめておく必要があります。

管理組合や管理会社は高齢者や障害者を事前に把握しているため、避難時の誘導や支援の必要性も共有できているでしょう。

 
【横浜市】マンション管理の見直しサイト