【横浜市】マンション管理の見直しサイト

いざというときも安心!横浜市のおすすめマンション管理会社

管理会社の良し悪しチェックポイント

新しいマンション管理会社を選ぶとき、何を見て決めるとよいのでしょうか。ここで、管理会社を評価するポイントをまとめました。

マンション管理会社の4大評価ポイントとは?

マンションオーナー

管理会社を評価するためにはまず、マンション管理会社の業務内容を把握することが必要です。一般的には次の4つの業務を行っている会社が多いようです。

1.事務管理業務
2.管理員業務
3.清掃業務
4.建物・設備管理業務

詳しい内容はそれぞれのページで紹介しますが、いずれの業務も居住者の快適なマンションライフを支えるだけでなく、ライフラインや万が一の事態(災害や火事など)にも関わる業務です。しかも内容によっては、専門知識や資格を必要とするものも含まれているため、管理組合だけで遂行するのは難しい業務でもあります。

だからこそ、マンション管理会社にはしっかりとした対応と報告義務が求められますし、選ぶ際の重要なポイントとなってきます。

ここでは、各業務における管理会社の評価するうえで役立つチェック項目もまとめています。このポイントも会社選びの参考にしてください。

事務管理業務

事務管理業務とは管理費、修繕積立金、専用使用料など、お金に関する業務のことを指します。具体的にいうと、以下があげられます。

会計

お金をどのように使う予定なのか、実際にどのように使ったのか。管理会社は管理組合に対して、予算案、決算案、月次収支報告書などの作成をし、提出します。

収納・出納・催促

管理費の収納を行い、滞納者に対しては、書面、電話、自宅訪問などで催促します。

預かった管理費の中から公共料金などの支払いを一括して行います。

管理会社と契約していないマンションでは管理費は比較的安くすみますが、管理組合が公共料金の支払いや修繕のためのお金の徴収を行うことになり、それは大きな手間となってしまうでしょう。

管理員業務

多くの場合、マンション内に管理会社より派遣された管理員が常駐し、以下のような業務を行います。マンション内の日常的なケアをしますので、一番身近な管理会社の業務といえます。

受付

マンションを訪問した方に応対したり、居住者からマンションに関する相談や質問を受け付けたりします。

立合い

設備、施設の修繕、点検、ごみ取集などの立ち合いを管理組合に代行して行います。

連絡報告

上記の立合い業務の際、管理組合に報告を行ったり、災害、事故などが起きたときの報告も行ったりします。

管理員業務は日常的な雑多な業務ですが、マンションの安全性、利便性に関わることですので、なくてはならないものです。

清掃業務

マンションの共有スペースの清掃を管理組合に代行して行います。清掃の内容は以下が挙げられます。

日常清掃

エントランス、階段、廊下、敷地などのゴミ・ほこりや汚れを取り除きます。

定期清掃

日常清掃と同じく共有スペースの掃除ですが、プロならではの独別な機材や洗剤を使い、日常清掃よりもより念入りな清掃となります。

特別清掃

日常清掃、定期清掃ではバカーしていない、高い部分のガラス、外壁、照明器具などの清掃を行います。ほとんどの場合、専門の業者が作業を行います。

管理組合が清掃を代行することによって、マンションは常にきれいに保たれ、マンションの価値も下がることなく、快適に暮らせます。

建物・設備管理業務

建物、設備の安全性、衛生面を保つための作業です。

具体的には、建物、電気、防災設備、エレベーターなどの定期的な点検、給排水設備の衛生管理も業務のうちです。

マンションは共用部分のスペースが広いため、案外手間なのがこの業務。快適、衛生的に生活するためには欠かせません。

 
【横浜市】マンション管理の見直しサイト