【横浜市】マンション管理の見直しサイト

いざというときも安心!横浜市のおすすめマンション管理会社

建物・設備管理業務

マンション管理会社が行う建物・設備管理業務とは、給水設備や消防設備、エレベーターなどの保守点検作業を行ってくれる業務です。

快適なマンションライフやライフラインを支える設備、さらに万が一の際に活用する設備など、マンション管理会社にはしっかりした管理体制が求められますので、この評価次第では管理会社の変更も検討することになります。

マンション管理会社の建物・設備管理について

業務の具体的な内容として、エレベーター設備の場合は月次保守点検や建築基準法に定める年次保守点検の報告などを実施します。

タワーマンションや大規模マンションが増えるなか、建物・設備管理を実施するマンション管理会社には高度なスキルが求められるようになりました。例えば機械式駐車場だと、パレット・ターンテーブル・制御装置などの定期保守点検なども、専門の技術を持った資格者や業者が点検、整備、調整を行います。

こうした設備は、いくら日常点検をしていても突然故障したりするもの。最近では、万一に備えて24時間365日監視を続け、異常を感知したら現場に急行するサービスを提供しているマンション管理会社もあるようです。こうしたフレキシブルな対応力がマンション管理会社の評価・変更のポイントとなるでしょう。

マンション管理会社を評価する事務管理チェック項目

建物・設備管理業務についてマンション管理会社の評価ポイントは、こちらです。

  • 業務は有資格者が行い、実施報告を義務づけている
  • 定期的な設備点検や法廷点検の実施と、それが完了した際には報告書を提出している
  • 5年ごとに長期修繕計画を作成し、資金計画についても納得のいく説明を行っている
  • 長期修繕計画に沿った工事の提案ができている
  • 修繕履歴や設計図書など建物管理維持に必要な書類がきちんと保管している
  • 大規模な修繕工事を実施する際、組合主導の比較見積を行っている(※1)

※1 レアなケースですが、修繕積立金の予算を使い切るために不要な修繕工事を強要する悪質な管理会社もあるようです。

上記の評価が低く、また不要な工事を強要しているふしがあったば、マンション管理会社の変更も視野に入れるべきでしょう。

 
【横浜市】マンション管理の見直しサイト