【横浜市】マンション管理の見直しサイト

いざというときも安心!横浜市のおすすめマンション管理会社

1、居住者のマナー

マンションにおいて住人同士のトラブルは、どの管理組合でも頭を抱える問題です。

生活音をはじめとする騒音問題、禁止されている犬猫を無断で飼っているペット問題、さらには違法駐車・駐輪など、いずれも居住者のマナーや意識低下がその原因です。国土交通省が調べた「マンション総合調査(平成20年調査)」によると、居住者間のマナーをめぐるトラブルが63.4%ともっとも多くなっています。

これらの問題は、管理組合で説明会の開催やルールの明確化、そして管理規約の変更も視野に入れながら解決策を図っていくことになります。具体的な解決例をみてみましょう。

マンションの騒音問題の解決例

騒音問題の場合、できるだけ音の種類や時間の指定など具体的なルールを使用細則に定めることからはじめます。

場合によっては、第三者機関からアドバイスを求めることも必要になります。管理会社やマンション管理士、行政窓口などに意見を求めながら、ルールを作成しましょう。決定事項は掲示・広報をして、区分所有者にマナーの徹底を求めましょう。

マンションのペット問題の解決例

最近ではペット飼育可のマンションが多くなっていますが、それでもやや古い物件を中心に犬や猫の飼育を禁止しているマンションは多くあります。その一方で、少子高齢化という時代の流れのなかでペットを求める家庭が増えているのも事実。

そこで、居住者の意見を聞くためにアンケート調査を実施してみてはいかがでしょう。ペット飼育の現状を把握することから、ペット問題のトラブル解決策を図っていきます。

アンケートの結果によっては、管理規約を変更しペット飼育可としたマンションもあります。あるマンションでは特例のような形で、犬や猫だけとか、ペット一代に限りOKとした規約に変更した管理組合もあります。また、ペット飼育者による「ペットクラブ」のようなものを立上げて解決した事例も多いようです。

 
【横浜市】マンション管理の見直しサイト