【横浜市】マンション管理の見直しサイト

いざというときも安心!横浜市のおすすめマンション管理会社

1、居住者のマナー

マンションにおいて住人同士のトラブルは、どの管理組合でも頭を抱える問題です。

生活音をはじめとする騒音問題、禁止されている犬猫を無断で飼っているペット問題、さらには違法駐車・駐輪など、いずれも居住者のマナーや意識低下がその原因です。国土交通省が調べた「マンション総合調査(平成20年調査)」によると、居住者間のマナーをめぐるトラブルが63.4%ともっとも多くなっています。

これらの問題は、管理組合で説明会の開催やルールの明確化、そして管理規約の変更も視野に入れながら解決策を図っていくことになります。具体的な解決例をみてみましょう。

マンションの騒音問題の解決例

騒音問題の場合、できるだけ音の種類や時間の指定など具体的なルールを使用細則に定めることからはじめます。

場合によっては、第三者機関からアドバイスを求めることも必要になります。管理会社やマンション管理士、行政窓口などに意見を求めながら、ルールを作成しましょう。決定事項は掲示・広報をして、区分所有者にマナーの徹底を求めましょう。

マンションのペット問題の解決例

最近ではペット飼育可のマンションが多くなっていますが、それでもやや古い物件を中心に犬や猫の飼育を禁止しているマンションは多くあります。その一方で、少子高齢化という時代の流れのなかでペットを求める家庭が増えているのも事実。

そこで、居住者の意見を聞くためにアンケート調査を実施してみてはいかがでしょう。ペット飼育の現状を把握することから、ペット問題のトラブル解決策を図っていきます。

アンケートの結果によっては、管理規約を変更しペット飼育可としたマンションもあります。あるマンションでは特例のような形で、犬や猫だけとか、ペット一代に限りOKとした規約に変更した管理組合もあります。また、ペット飼育者による「ペットクラブ」のようなものを立上げて解決した事例も多いようです。

増える民泊トラブル!横浜市のマンション管理組合の対処法

改正されたマンション標準管理規約が2018年6月から施行されます。

それにより住宅宿泊事業が認められるケースや禁止される事例が明確になるでしょう。

民泊事業への参入が増えるにつれてトラブルも多くなっていますが、横浜市のマンション管理組合では、民泊事業を支援するためにさまざまな対応への取り組みが示されています。

部屋に置いてあるものを壊された

民泊に限らず、普通の旅館やホテルであってもこの手の問題は山積しています。ただ、民泊は個人で管理しているため、保険に入っていなければ対応してもらえません。通常マンションの火災保険は支払わされているはずなので、それとは別に民泊専用の保険に入る必要があります。

マンション管理組合により「民泊ホストだけをまとめて加入するのか」「個別に契約することになるのか」それぞれの運営方法によって違いますが、保険をかけておくことで、室内設備の物損について補償してもらうことができるのです。

お互いの認識の違いから生まれる誤解

ゲストのために貸し出しているアメニティは、持ち帰ってよいものではありません。一般的な旅館やホテルでも、タオルなどは持ち帰らないことが常識です。

ただ、外国人ばかりではなく、日本人であってもそれを認識している人ばかりではないでしょう。

ホスト側にとっては当たり前のことでも、ゲストがそれを理解しているとは限りません。このようなトラブルに対して、明確なルール作りと運営方法を指導してくれるのがマンション管理組合の役割でしょう。

民泊可否をマンション規約に明記する

民泊を受け入れているか、それとも拒否しているか。それはマンション規約を確認すればわかるようになります。

国土交通省は、マンション管理組合に対して規約に盛り込むよう通達しているため、自分の住んでいるマンションが民泊に対応しているかどうかはすぐに判別できるでしょう。

全国で民泊が可能になるとしても、すべてのマンションがそれを受け入れているとは限りません。

管理規約改正は4分の3以上の賛成が必要となるため、すぐに事業として始められるわけではないのです。

地区ごとに交流会が開催されている

横浜市ではそれぞれ地区ごとに、マンション管理の専門家と管理組合との間で交流会が開催されています。定期的に開催される交流会では、民泊や管理組合のトラブル対応についてなど、さまざまな課題についての解決が話し合われます。

これらの交流会は、横浜市マンション管理組合サポートセンターが事務局となり無料で開催しています。参加するための事前連絡は不要で、直接会場へ足を運べば受け付けてもらえるでしょう。横浜市マンション支援事業の一つとして、神奈川県マンション管理士会など4団体で運営されています。

民泊についてだけではなく、大規模修善工事や地域との連携についてなども話し合われ、安心して管理業務に取り組める環境が整えられています。 また、管理組合研修会のセミナーなどがあることで、民泊に対してどのように対応していくか協議できるのです。

交流会の支援範囲

サポートセンターに存在している相談員は、営業行為や斡旋行為を禁じられています。そのため問題の解決に向けては、一般的な改善策と指導しか得られません。ただ、交流会以外の個別相談にも応じてもらえるため、打ち明けてみてください。

どのようなトラブルが想定されるのか。それが起こったときどう解決すればよいのか。民泊ホストとして手をあげる前に確かめてください。

 
【横浜市】マンション管理の見直しサイト